学生 カードローン

学生さんがカードローンを利用する際の疑問をマルっと解決!

学生 カードローン

カードローンを学生さんが利用する機会が益々増えています。

 

アルバイトなどで安定した収入があれば、学生でも利用可能なカードローンが数多くあります。
こうしたことから、欲しい物があるけれど手持ちのお金では足りなかったり、
学費の足しにしたいなどの理由で、カードローンの利用を考えている学生の方も多いのではないでしょうか。

 

 

カードローン選びのポイントとして、金利が安いという点や申し込みに手間がかからないという点が挙げられます。
金利は安ければ安いほど、月々の返済額はもちろんトータルでの返済額を抑えることが可能です。

 

また、web完結型のカードローンなら店舗に足を運ぶことなく、web上で申し込みから借り入れまで完結出来るので、
何かと忙しい学生の方におすすめですし、家族に知られる心配もありません。

 

いわゆる学生ローンなどよりも当サイトでは大手のカードローンをご利用されることをおすすめします。

 

この機会に社会勉強もかねて学生さんもカードローンを利用してみてはいかがでしょう。

 

当サイトは簡単に読める、学生さんの為のカードローンの知識、知恵が満載の教科書です!

 

 

 

当サイトイチオシの学生さん向けのカードローン

 

【モビット】

 

モビット

 

三井住友銀行グループのモビットです。

 

学生さんは安定した収入のある方が対象です。

 

ネットで24時間お申込みOK!

 

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座があれば、電話と郵送なしのネットでの完結が利用できます。

 

返済シミュレーションをしますので返済計画もバッチリです!

 

銀行やコンビニなど全国の提携ATMで利用可能です。

 

(当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。)

 

モビットなら10秒簡易審査です!

 

申込フォームにまちがいなく、正しい情報を記載することでスムーズな審査につながります。
10秒簡易審査はお試し診断やシミュレーションではないので、審査通過後はそのまま本審査までスピーディー!
入力項目が少ないため、お急ぎの方や はじめてご利用の方の申込にとっても便利です♪

 

詳細はこちらからです!   ↓↓↓↓↓

モビット

 

 

 

 

カードローンで学生がお金を借りられる条件とは

 

 

学生でカードローンを利用したり、お金を借りる為に必要な条件は、収入を始めとして複数あります。
カードローンは、返済能力に応じてお金を借りる方法なので、アルバイト等の収入源があることが第一条件です。
借りられる上限額は、収入によって決まりますから、大きく借りたいのであれば、それに見合う年収が必要となるでしょう。

 

次に、カードローン会社の融資条件の項目には、正社員や夫の収入がある主婦、
そしてアルバイトをしている学生等があるので、これを確認することが必要です。

 

他には、過去に借り入れをしていたり、完済が完了している等が確認点となります。

 

申し込み内容の間違いや嘘、特に収入の誤魔化しは後々問題を大きくするので、素直に申告する方が無難です。

 

借り入れを考える場合は、安定した収入を第一に考え、
学生でも審査が受けられることを念頭に、カードローン会社を選ぶことがポイントとなります。

 

契約や利用中の通知は、郵送で自宅に届く恐れがありますから、一人暮らしなら問題ありませんが
実家暮らしで親と同居しているなら、事前に借り入れを伝える必要性が高まります。

 

収入に問題がなく、カードローンの審査を経て融資が始まれば、返済能力がある学生の顧客として認められます。
基本的に借り入れは、本人の判断と責任に基づいているので、親に口出しをされる心配はありません。
しかし、親がお金に関して厳しい場合は、カードローンを無断で契約したとして、
親子喧嘩に発展する可能性に結び付きます。

 

カードローンの理解が得られる時は、契約前に親子で相談をしたり、
借り入れる上限の約束を交わしておいた方が、安心して借りられるようになるでしょう。

 

借り入れが内緒で、責任を持ってカードローンを利用するなら、
自宅に通知が送られる心配がなく、画面上で契約と利用が完結する、
インターネット特化型を選ぶことがコツとなります。

 

 

学生でもカードローンの審査に通る方法

 

ほとんどのカードローンでは、「20歳以上で安定収入を得ている方」という条件がつけられていますので、未成年の方は申込みはできません。
学生でも20歳以上の人ならば、アルバイトで安定収入を得ていれば、審査に通る可能性は十分にあります。

 

学生の人は、平日の夕方や土日を利用してアルバイトをしなければならないので、収入はそれほど高くはないでしょう。
しかし、月に数万円程度の収入であっても、安定して毎月給料が振り込まれているなら、限度額10万円〜20万円程度のカードローンを作れる可能性は十分にあります。

 

学生の人は、銀行カードローンが一番良い選択肢ですが、借りる金額が10万円未満なら、大手の消費者金融で借りてもそれほど大きな差はつかないでしょう。
少額のお金を借りて、すぐに返済をしてしまうのであれば、大手の消費者金融で手軽に借りるというのも良い選択肢です。

 

学生ローンならば、未成年の人でも借りられることがあります。未成年の人と結んだ契約は無効にできるため、親の同意は必ず必要になります。

 

未成年の人は、クレジットカードなら作れることがありますが、親の同意が必ず必要になります。
クレジットカードについているキャッシング枠を利用するというのが、一番多い利用方法となるでしょう。

 

18歳になったらクレジットカードを作るという人が多いですが、クレジットカードの返済では絶対に延滞はしないようにしておきましょう。
延滞をしていると、カードローンの審査で大きく不利になってしまうことがあります。

 

 

カードローンの学生の限度額とは

 

カードローンの学生の限度額は、各カードローン会社によって異なります。
その基準を公表している場合もありますが、していない場合もあります。
また、公表をしている場合でも、マックスを表示しているだけで、具体的にいくらの限度額が設定されるかは審査によって異なります。
その結果、申し込んでみなければ、学生がいくらカードローンを利用することができるかはわかりません。

 

このような理由になっているのは、総量規制があるからです。消費者金融業者は、貸金業法に規制される貸金業者であるため、総量規制に服しています。

 

そして、総量規制とは、個人が貸金業者から借りられる額を年収の三分の一に制限するものです。

 

つまり、いくらの年収があるのかによって、どれくらいの枠を設定してもらえるのかは異なります。
そして、この総量規制の対象となる債務は、他社分も含まれているため、すでに利用している場合は当然少ない枠しかもらえませんし、
上限に達している場合ならばそれ以上借りることはできないので、審査に落ちてしまいます。

 

以上のように、具体的にいくらまで利用することができるのかは、その人の収入や他社の利用状況によって影響を受けます。
そのため、カードローンの申し込みをしてみないとわかりません。
また、仮に総量規制の枠内だとしても、審査にはその他にもいろいろな事情を考慮しているため、場合によっては総量規制の枠内でも借りられないことがある点には注意が必要です。

 

 

当サイトイチオシの学生さん向けのカードローンに戻る☆

 

学生でも親バレしないカードローンとは

 

学生でも親バレしないカードローンは、在籍確認を自宅に対して行わないところです。

 

学生ローンの場合は、実家に連絡しないといいつつ実家に連絡しています。
それは、あくまでばれないように配慮して、カード会社などを名乗って在籍確認を行いますが、それは結構バレるリスクがあります。

 

その点、学生が申し込んでも良いとしている大手のカードローンは、実家の連絡先を聞くことがありませんので、親バレする可能性は低いです。

 

カードローンの際には、収入があることが条件ですので、アルバイトをしている方しか申し込むことはできません。

 

そして、アルバイト先には在籍確認を行っておりますので、それで支払えるかどうかについての判断をしています。
この場合はカードローン会社であることは通常名乗りませんので安心です。

 

ただし、一部のカードローンは、緊急連絡先として実家の連絡先を聞くことがあります。
この場合、在籍確認はしないので、その点でばれることはありませんが、返済が遅れた場合や連絡がつかない場合はその緊急連絡先へと連絡がいくことがあります。
そうなれば、その時にバレてしまうでしょう。

 

これを避けるためには、きちんと返済は確実にこなす必要があります。
きちんと返済をしている限り、実家に連絡はいくことがありませんので問題はありません。

 

以上のように、カードローンは学生でも、きちんと返済をしていれば基本的に親にばれることなく利用可能となっています。

 

 

学生でも即日お金が手に入るカードローン

 

学生であれば金融業者が運営しているカードローンを利用できないのではないかと、心配になっている人もいるかもしれません。

 

ほとんどのカードローンでは学生にも融資を実行していますので、条件を満たして審査に通過することができれば問題なく借り入れが可能です。

 

大手の銀行が行っているカードローンなど、学生が借り入れできる条件になっているものがありますので、
来店して申込みをしたり、インターネット上から申込みをすることで即日融資が可能になります。

 

銀行や消費者金融が行っている融資サービスの条件では、年齢が満20歳以上の人が借り入れできるものとなっていますので、
学生が融資を受けるときには年齢条件を満たしておく必要があります。
つまり、20歳以下の人であれば借り入れができませんので、融資を受けることは難しいと考えておいたほうが良いです。
金融業者によって収入を得ていないければ借り入れができないために、収入要件が設定されているかどうかしっかりと確認しておくことが重要です。

 

大手業者のカードローンであれば、審査にかかる時間は30分ほどですので、素早く審査結果を通知してくれるために即日融資を受けることができます。
本人であることを確認するために、健康保険証や運転免許証、パスポートの提示が求められるために必ず持参するようにしなければなりません。
インターネット上で手続きが行える業者であれば、必要書類の画像をスマートフォンなどを使って送信することで提出できるところもあります。

 

 

学生でもWEBでカードローンが利用できる?

 

カードローンを利用するためにはまず、「カードローン会社の審査を突破すること」が必要です。
どれ程強く願っていたところで審査を突破できなければお金を借りることは出来ないので、あらかじめ審査を突破するための準備をしておくことも大切です。

 

そして、審査を申し込むためには「最低条件」が設定されていますが、ここでは「年齢(満20〜69歳など)」「収入の安定性」だけが指定されていることがほとんどです。

 

条件として指定されている年齢の範囲であり、尚且つ安定した収入を得ている状態の人ならば「職業などに関係なくカードローン申し込みが可能である」と言うことを意味している訳ですが、
場合によっては具体的な申し込み条件が指定されてしまうこともあるので事前に確認しておきましょう。

 

職業に関する制限が無いと言うことは、「学生でもカードローンを利用することは出来る」と言うことになります。
もちろん、実際に融資を受けられるかどうかは審査結果によって決まりますが、少なくとも「学生だから申し込みできないと言う訳では無い」ので安心しても大丈夫です。

 

また、申込み条件を満たしている場合には「選択可能な方法を自由に選択することが出来る」ので、当然ながら「WEBから申込み」をすることも出来ます。
WEB以外の方法には「電話」「郵送」「来店」などの選択肢がありますので、希望する状態で何を優先するのかと言ったことを考慮して方法を選択することが出来ます。

 

 

当サイトイチオシの学生さん向けのカードローンに戻る☆

 

在籍確認なしで学生でもカードローンを利用できる?

 

学生が、どうしても急にお金が必要になることがあります。授業料の納期を忘れていた、合コンの幹事になって立替払いが必要になった、などと言った場合が考えられます。

 

カードローンを利用すれば、一時的な資金繰りはしのげますが、果たして学生がカードローンを利用できるのか不安です。

 

カードローンでの借り入れの手続きの概要と、その際の在籍確認の必要性を考えてみます。

 

手続きは、借り入れの申し込み、本人確認や申告、審査、契約、融資実行という流れが一般的です。

 

問題は審査です。審査はカードローン業者にとって、貸し付けたお金が確実に回収できるかが最も重要ですから厳重です。

 

在籍確認はこの手続きに含まれます。
貸し付けは、基本的には確実な安定した収入があれば可能です。
ですから、この条件が満たされれば、どのような職種や立場でも、一定額の借入は可能の場合が多いようです。

 

安定した収入があるサラリーマンでも、カードローン業者は、申し込み時に申告をうけた収入が確かであることを確認します。
融資の実行時に退職しているなどの特殊な場合があるからです。

 

多くは、勤務先に現実に在籍しているか確認をします。
この確認は、学生であっても同様です。
多くの場合は、アルバイト先への電話などによる確認になりますが、カードローン会社自体であるとは名乗りません。

 

心配な場合は、予めアルバイト先へ話しておくのが無難ですが、
どうしても困る場合、在籍確認なしでも、カードローン業者が安定した収入があることを確認したいのですから、
給与明細、アルバイト先の現状、勤務内容などを十分に説明することでカードローン業者に、確かにアルバイトをしている確証をもってもらう方法があります。

 

形式的に手続きを必要とする業者もありますから、良く調べ、相談することが重要です。

 

 

学生に知ってほしいカードローン返済のコツ

 

学生の方がカードローンを利用する際に知っておきたい返済のコツとして、無理のない返済額を設定するという点が挙げられます。
早く返済を終わらせようと無理して月々の返済額を多く設定してた場合、
生活が苦しくなって返済のために借り入れを行うといった悪循環に陥る場合があるので注意が必要です。
また、ネットバンキングやコンビニATMなど、便利な返済方法をどんどん活用するのも返済のコツと言えます。

 

カードローンを利用する際に返済シミュレーションを行ってみるというのもおすすめです。
ホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっているカードローン会社が多いので、月々返済可能な金額からいくら借り入れをするかを決めることが可能です。

 

 

当サイトイチオシの学生さん向けのカードローンに戻る☆

 

学生がカードローンを利用した体験談 その1

 

「学生時代にモビットでカードローンを組みました。」

 

私はこれまで何度かカードローンを利用してきました。家族の急な入院や、葬儀など、緊急でお金が必要になった時に利用しました。
現在も、複数のカードローン会社との取引があります。
計画的に利用して、返済が滞らないように気をつけています。私がカードローンをはじめて利用したのは、大学生の時でした。

 

ここからは、学生だった私が、モビットでカードローンを利用した時の体験談についてお話します。
当時、私は親からの仕送りで生活を送っていました。
実家の商売は順調で、私も仕送りに頼り切っており、アルバイトをしようと思ったこともありませんでした。

 

しかし、2008年のリーマンショックを発端とした不況の影響で、親の会社が倒産してしまいました。
その結果、親からの仕送りが見込めなくなり、私は大学生活を送るための金策に追われることとなりました。
先ずは、学費のためにアルバイトを探すことから始めました。
不況の影響でアルバイトを見つけるのは大変でしたが、なんとか採用してもらうことができました。

 

しかし、アルバイトの収入だけでは、大学の学費を払いながら生活を続けることは困難でした。
私は食費を切り詰めるなど、生活レベルを下げ、可能な限りの節約を試みましたが、ついに生活を続けることが難しくなってきました。
思い詰めた私は、当時、テレビCMでよく目にしていた「モビット」のカードローンを利用することを決断しました。
自分に利用できるか不安でしたが、20歳以上であることと、アルバイトで定期的に収入がある事が認められ、お金を借りることができました。

 

カードローンを利用できたことで、私は大学を卒業することができました。学生の時にモビットでカードローンを利用できて本当によかったです。

 

 

学生がカードローンを利用した体験談 その2

 

「学生さんもカードローンを上手に利用すればキャンシングは有意義な事です!」

 

 

学生 キャッシング

カードローンというと、正社員で働いていて、且つ安定収入がある人のみが利用するものというイメージがありますね。

 

私も学生では無理なんじゃないかと最初思っていました。でも違ったんです。

 

大学生や専門学校生でも、利用できるカード会社が多くあるのがわかったんです。

 

私の場合はある程度の学費を自分で払っていましたので学費の納期が間に合わなくてカード会社を利用した経験があります。

 

居酒屋でバイトしてましたので、シフトを少し増やしてそのお金を毎月のローンの返済に充てました。
もちろんちょっと切り詰めた生活になりましたけど、どうしても大学を続けたかったで納得した返済生活ができました。
あと社会勉強にもなりました。(これは大きかったです。)

 

学生はアルバイトのおおよそ年収の3分の1まではお金を借りることができます。
月10万円のバイトなら年収120万円と想定して40万円まで借りれるんですね。

 

20歳すぎていれば、インターネットで申込みして、自分でカードを取りに行けば、延滞しないかぎりは
親には内緒でお金を借りることが可能なんですよ。

 

現在、学生さんで、何かしらの目的でお金が必要としている人が他にも多くいるだろうなあと思ってこのサイトを作ってみました!
私の経験だけでなく、ここでは私が調べた限りの、学生向けカードローンに関する知識について書かれています。

 

サークル活動とか学生旅行とか、もしくは自分で学費を払っているとか、自然と必要なお金が発生しますよね。

 

カードローン 学生

 

親からもらうおこづかいで足りるならそれに越したことはないですが、ほとんどの場合、それでは不十分です。
親にはこれ以上負担をかけられないけど、使いたい事があるし・・・。学費や教材費などやむ負えない事情があることもあるし。

 

そこで、学生さんたちもカードローンを利用するのですが、初めはどうやって申し込んだら分からないことも、決して少なくありません。
また、申し込みをしたいんだけど、いざ行動するとなると不安になってしまうこともあるでしょう。

 

私も最初は不安でしたが、手続きも以外に簡単でした。
きちんと計画的に返すようにしたので、親は私がキャッシングしたなんて知らないんです。(^▽^)

 

 

学生がカードローンを利用した体験談 その3

 

「カードローンで専門学校の学費を払いました。」

 

 

学生 カードローン

東京都  ムラサキさん

 

私は漫画家を目指していて、20歳を超えた頃に本格的に漫画家の勉強をするために漫画の専門学校に入学しようと思ったのですが、
両親は私の漫画家の夢をまったく理解してくれずに、学費を自分で稼ぐ必要がありました。

 

20歳を超えるまでのアルバイトで専門学校への入学費は用意できたので、私は後戻りのできない覚悟で入学したのですが、
親元を出て行き一人暮らしをはじめて生活費が思った以上にかかってしまい、日々のアルバイトだけでは月々の授業料を捻出できない状況になってしまいました。

 

そんな時にインターネットの広告で目に入ったのが、消費者金融の提供するカードローンの広告だったのです。
アルバイト収入だけでローンの契約の審査が通るのか不安でしたが、あっさりと20歳以上でしっかりとアルバイトしていたせいかカードローンの審査に通り、
無事にカードローンの融資を受けて月々の授業料を支払うことがなんとかできるようになって行きました。

 

その後漫画家の専門学校を卒業した私は、漫画家のアシスタントとして働くようになり、カードローンも完済できました。
私にとってはカードローンは、とてもありがたかった出来事として残っています。

 

どうしてもお金を捻出する必要がある時は利用していいと思います。しっかり返済できるようにアルバイトもしっかりやらなければなりませんが。

 

 
 

 
学生キャッシングトップへ