学生キャッシングと改正貸金業法

学生さんのキャッシングと改正貸金業法 学生向けカードローンの基礎知識3

学生 お金を借りる

カードローンでも消費者金融でもクレジットカードでも、他人に融資をする以上は、改正貸金業法という法律に則って業務を遂行していかなければいけません。

 

この改正貸金業法に違反して融資をすると、その業者は営業停止になってしまいます。そして、私達も、先述した業者を利用したい場合は、改正貸金業法のことをしっかりと頭に叩き込んでおかなければいけません。
学生向けカードローンも、決して例外ではありません。では、改正貸金業法とは一体どういう法律なのか、詳しく見てみましょう。

 

この改正貸金業法という法律は、2010年から施行されるようになった法律です。
この法律には、融資の際のルールが明確に定められています。リーマンショックの影響により、思うように仕事に就けなくなった人が多くなっただけでなく、収入が激減した人が増えたのです。
そうなると、給料が少なくなってカードローンの支払いができなくなってしまい、その結果支払い不能な状況に陥ってしまったというリスクが大きくなるのです。こうなってしまうと、カードローンなどで利用できる金額を、制限する以外方法はありません。

 

ここで、「年収の3分の1を超えて借り入れをすることはできない」という決まりが設定されたのです。例えば、年収600万円の方であれば、200万円までの利用となり、年収300万円の方であれば、100万円までの利用となります。

 

しかし、年収600万円にしろ年収300万円にしろ、学生ではそこまで年収を稼ぐことはできませんから、学生向けカードローンの場合は、利用可能金額がこれより少なくなります。

 

 

学生さん向けのおすすめカードローンを知ろう ⇒ クリック☆


 
学生キャッシングトップへ