学生 カードローン 利息の計算

利息の計算   学生向けカードローンの返済1

学生 お金を借りる

カードローンでもクレジットカードでも、利用する以上は返済が伴ってきます。

 

そして、利用した状況によって、利息が課金されます。たとえ学生向けカードローンであっても、それについては、例外はありません。
学生だから無利息で良いなんてことはありません。

 

しかも、利息の計算は、初めてカードローンを利用した人にとってはともかく、ある程度カードローンを利用したことがある方でも、理解に苦しむ項目であります。そこで、利息の計算についてお話します。

 

まず、利息を計算する場合の公式をおさえておきましょう。

 

利息の計算は「借り入れの残高×年率÷365×支払い期日以前に利用した日数」という公式に当てはめて計算をすれば良いだけです。

 

これだけを見ると、難しく見えますが、実際に数字を入れて計算してみれば、簡単に計算できます。

 

例えば、50万円を年率8.5パーセントで30日間利用した場合の利息について計算してみましょう。

 

この場合は、「50万×8.5÷365×30=3493」となり、利息は3493円かかります。
もちろん、この金額はあくまでも利息を表わしているので、実際の返済では、この利息に元金を合わせた上で返済することになります。

 

50万円という金額と、3493円という金額を比べてみると、そこまで利息は高くないと感じることでしょう。しかし、この利息も、1日長く利用すれば、それだけ高くついてしまいます。

 

いづれにしろ、利息の計算をする場合は、公式に当てはめてしまえば、全く問題ありません。

 

 

学生さん向けのおすすめカードローンを知ろう ⇒ クリック☆

 


 
学生キャッシングトップへ