学生 カードローンでキャッシング

定率リボルビング方式 学生向けカードローンの返済3

学生 お金かりる

定額リボルビング方式が、一体どんな性質を持った返済方式なのか学んだら、次は、定率リボルビング方式について学んでみましょう。

 

この定率リボルビング方式ですが、学生向けカードローンにおいては、どちらかと言うと割合としては少ないですが、知っておいて無駄な知識ではありません。

 

また、お気に入りの金融会社でこの返済方法が採用されているかもしれません。
そのようなことがあっても慌てることがないよう、定率リボルビング方式についても、しっかり押さえておきましょう。

 

この定率リボルビング方式ですが、これは割合を軸にして支払いをしていく方法のことを言います。
割合を軸にするというのは、毎月支払い金額を決めるために、残高の何パーセントを返済するかを決定するという意味です。

 

この割合ですが、金融会社によって、もしくは経済状況によって変化します。
人によっては、残高の5パーセントという場合もあるし、残高の10パーセントという場合もあります。

 

例えば、残高の10パーセントを返済すると決めた場合は、残高が10万円であれば1万円の返済、残高が5万円であれば5000円の返済となります。

 

例に挙げたパーセンテージですが、たいていの場合は残高の5パーセント以上で設定されていることが多くあります。
というのは、定率リボルビング方式においては、一定の割合の中に元金分と利息分を合わせてしまうため、もし残高の5パーセントを極端に下回る場合は、
利息の支払いだけに回されてしまい、元金の支払いが出来なくなってしまうからです。

 

 

学生さん向けのおすすめカードローンを知ろう ⇒ クリック☆

 

 


 
学生キャッシングトップへ